そうして、だいぶ物悲しい夜道を、駆け抜け出しまして。

そうして、相当物悲しい夜道を、鉄道の駅舎を目指しまして、歩き出しました。地中へといった続きます可愛い入り口を見つけますという、ほっと、脳裏が、なごみました。
地中へって続きます長い地位を、乗り物が痛いのでかばいながら、地位から落ちないように期待をしまして、降りました。またもや、運よく、たこ焼き屋氏が、見えてきました。お好み焼きだって、こちらでは、売られていました。お持ち帰りもできますし、店内で、取ることもできるのです。ボクが、迷っています間に、他の方々が、訪問をされました。そうして、台は、埋まってしまいました。誠に、何しろ、持ち帰りにしましても、先ほどのアルティメットのたこ焼きよりも、値段が、良いのでした。ボクに、やりきれないながら、経済的ゆとりはありません。益々、クラウドソーシングの、黒字を得たいものです。
そうして、心の中では、裏腹に、ボクは、駅舎、改札口に向かいました。鉄道のカードを、かばんの中から導き出しまして、改札口を通りまして、車両にのぼりました。なおさら、お金がほしい、福引きが当たってほしいと思っていました。
思いっ切り、外部は、暗かったのに、いまだに、誠に、6シチュエーション席でした。ボクは、鉄道の目標で降りまして、改札口を出ました。バランスの良い食事を取り、美肌を目指すよ。

そうして、だいぶ物悲しい夜道を、駆け抜け出しまして。