長距離介護を選んだけど、結果的に大正解!

介護なんて依然先の問題、なんて思っていたのもまん中。突然気力だったお父さんが亡くなり、マミー単独残りました。そのマミーは検知症の症状が出始めていたのです。

症状の重さにもよりますが、介護といってもいろんな方法がありますよね。自分のお家に呼び寄せて無理を見たり、建物が近ければ通って日常のお手伝いをしたり。

私のお家には空いている広場もなく、まだ子育ての私。仕方なく向かうことになったのですが、お家といった家は新幹線で3タイミング要る寸法。流れ的に、「長距離介護」という術になったのです。

困ったことは、何かあったときに一気にかけつけることはできず、交通費が掛かるということです。

そのため、家の家のおんなじフロアーの方に、マミーの調子で何かあれば知らせて貰うみたい協力していただきました。また、短期非常勤を通じて交通費を捻出しました。

よかったことは、お家に還る結果気晴らしできて、精神的に追い詰められないということです。そのかわり、こまめに自分で介護ができないので、日々ホームヘルパー君に来ていただいたり、ウィーク2回デイサービスを利用したりしました。

このような介護策略は対処マネージャーというほうが作成して貰える。親子にとっては、一番身近で頼りになる存在だ。

マミーの症状が進み、特別養護老人ホームに申込みました。仮名「特養」だ。費用が低いパイ、届け出数が多くて入所できるのは数年未来という話も聞きます。ただ「特養」の入所は届け出順ではなく、介護ごとが激しく必要な側からの入所になります。

届け出事後、作業場のスタッフからショートステイ(短期入所)をすすめられて何度か利用しました。そうして最終的には特養に申込んでから1年頃ほどで入所にいたりました。手っ取り早いのかのろいのかわかりませんが、心から穏やかしました。

結果的に、色んな介護サービを利用し、各地包括中ごろの相談役の側、対処マネージャー、ホームヘルパー君、介護福祉士君、特養のスタッフの側、皆巻き込んでかける場合、それが一番よかったというのです。

自分1人で持ちず、周りの方に協力して味わう、プロフェショナルに申し込めることは申し込む!それほど売るのは、要介護やつを抱える引き取り手において大切だと思いました。炭酸水や水で割って飲む酵素ドリンクは、値段も高いし続けにくい。だから今は・・・

長距離介護を選んだけど、結果的に大正解!